• ホーム
  • 子供がかかりやすいインフルエンザ

子供がかかりやすいインフルエンザ

患者と説明している医者

一般的に子供はインフルエンザ等の感染症にかかりやすいと言われています。
そして子供がインフルエンザ等の感染症にかかってしまった場合、非常に多くの人を巻き込んでしまうことになり厄介です。
何故なら子供がインフルエンザにかかってしまった場合、完璧に治るまでの約1週間の間は、親のうちのどちらかがつきっきりで子供の看病をしなければなりません。
仕事をしている親であれば当然仕事を休まねばならなくなります。
そして仕事を長期間休むことで、職場の皆にも迷惑がかかってしまうのです。
更にもしも祖父母等に看病をお願いして親は仕事に行くという場合、祖父母にかなり体力を使わせてしまい、場合によっては祖父母にインフルエンザを移してしまうことだってあるのです。
このように子供が一人でもインフルエンザになってしまった場合、大人が感染した場合と比べて、非常に厄介で大変な事態となってしまうのです。
そうなってしまわない為にも、毎年インフルエンザの予防接種を積極的に受けるようにして、子供がかかってしまうリスクを少しでも減らしていくことが大切なのです。
インフルエンザの予防接種は、乳幼児であったとしてもある程度の月齢であれば受けることが出来ます。
子供は注射を嫌がって激しく泣くものですが、心を鬼にして毎年予防接種を受けさせるようにしなければいけません。
何故なら感染してしまった場合、注射を打つ場合よりももっと辛い思いを子供がすることになってしまうからです。
注射の痛みというのは一瞬の我慢で済みますが、インフルエンザにかかってしまったならば、少なくとも1週間は苦しまなくてはいけなくなってしまいます。
なのでしっかりと子供に予防接種を受けさせるようにしましょう。